端末は購入する必要あり

格安スマホが注目されていますが、その理由の一つに、シンプルな料金体系があります。基本プランは月額1000円で端末代が分割で月々1000円となります。

 

基本料金は誰でも月々2000円で、オプションをつけるとその分金額が加算されるシステムをとっています。このようなわかりやすさが支持されています。

 

格安スマホの場合、価格は安いけれどもサービスがさほど充実していない傾向が見られます。従来の格安スマホでは電話によるサポートくらいだったのですが、Freebit mobileでは実店舗でもサービスを実施しています。

 

さらには遠隔操作によって、スタッフが問題を解決してくれるなど、サポートがかなり充実しています。スマホ初心者でも安心して利用できます。

 

ところでこのFreebit mobileですが、どのような端末に対応しているのでしょうか?対応端末情報に関して、以下で見ていきましょう。

 

端末と通信はセット

 

Freebit mobileはSIMフリーのスマホになりますので、理論上はほかの端末を持ちこんで、Freebit mobileのSIMカードを入れれば操作はできます。しかしFreebit mobileでは、通信と端末がセットになって販売されています。

 

Freebit mobileはTONEという会社が母体となって、サービス運営されています。このTONEのホームページでは、よくある質問に関してFAQをいくつか掲載しています。

 

その中で「手持ちの携帯電話を持ちこんで、新規契約することはできますか?」という質問が書かれています。その回答として、「お手持ちの携帯電話を使っての新規契約はできない」と明記されています。

 

あくまでもTONE Mobileの提供する端末で利用するように書かれています。このため、他社の端末を使ってスマホ利用し、通信基本料の月額1000円のみに抑えることはできないと思ってください。

 

Freebit mobileの端末のスペックは?

 

Freebit mobileではPandAと呼ばれる端末を提供しています。PandAですが、少し前のスマホをほうふつとさせる見た目です。今登場しているスマホの中には、コンパクトサイズや軽量化を意識した機種も多いです。

 

しかしPandAの場合、重厚感があります。昔からスマホを利用している人は、懐かしさを感じるでしょう。ただし大きいとはいえ、片手でしっかり持てるくらいのサイズにまとまっています。男性であれば、スーツの胸ポケットにしまえるくらいの大きさです。

 

5インチクラスのディスプレイは、現代のスマホのトレンドをしっかり押さえている印象があります。液晶は奥まったところから見える感じです。これは低コストを追求した結果ではないでしょうか?

 

使用感に関しては、それほど使いにくさはないといいます。ただしやや前のAndroidモデルのような不安定さが気になるというレビューはしばしば見られます。

 

気が付くと勝手に再起動をしていたといった口コミも見られますが、普通に使っている分にはこの端末に不満を感じることはないはずです。

 

PandAの使い心地は?

 

PandAのスペックですが、CPUはクアッドコアの1.3GHzで1GバイトRAMと4GバイトのROMを採用しています。microSDスロットも装備されています。カメラは背面とフロント面にそれぞれ800万画素と200万画素の機能がついています。

 

2500mAhの大容量バッテリーが装着されていますので、十分なスペックがあるといえます。ただし大手通信キャリアのハイエンドモデルと比較すると、一枚落ちるかもしれません。

 

PandAは3Gのみのデータ通信となっていて、LTEには非対応となっています。通信スピードですが、大手通信キャリアのスマホと比較すると、高速とは言い難いかもしれません

 

。特に今までLTEを使ったことのある人がネットサーフィンなどをすると、待たされるという印象を持つかもしれません。ただしイライラするほど待たされるということもないので、月額2000円という安さを考えると、十分コスパには優れた端末といえます。

 

ちなみにこの端末はデザリングにも対応しています。こちらもスマホのネット通信と同様、ウェブブラウザの表示に時間がかかるかもしれません。

 

特に大きなデータの場合、ダウンロードに時間がかかります。しかし一般的な使い方をしている限りでは、ストレスをさほど感じることはないでしょう。

 

まとめ

 

理論上はSIMフリー機種の端末を準備すれば、freebitのSIMカードを挿入してAPNの設定をすれば使えるようになるはずです。知恵袋でもそのようなアドバイスが書かれていました。ただしそれでも端末は新規契約する際に購入しないといけません。

 

逆にPandAに別のSIMカードを挿入して、通信も可能なようです。しかしドコモのSIMを使った際の体験談がネットに書かれていましたが、音声通話はできてもドコモのキャリアメールの取得ができなくなることがあるようなので、注意しましょう。