解約するタイミングによっては違約金の発生することも

インターネットが使い放題で基本料金月額2,000円という安さが人気になっている格安スマホが、Freebit mobileです。月額2,000円でもインターネットは使い放題で、速度制限がありません。公衆Wi-Fiスポットを使うことも可能です。

 

スマホ初心者やネットサーフィンやメールがスマホ利用の主というライトユーザーであれば、金額も安く魅力的なサービスと言えるでしょう。しかし動画や音楽をダウンロードするとか、大容量データのやり取りをするなどのヘビーユーザーにとってはストレスのかかるスマホかもしれません。

 

実際口コミサイトでも「月額料金の安さに惹かれて即買いしたけれども、通信速度が遅かった」という意見も時折みられます。ただし解約するときには注意すべきポイントもありますので、ここで紹介しておきましょう。

 

違約金のかかる可能性

 

Freebit mobileの格安スマホを利用する場合、最低利用期間が設定されています。少なくても24ヵ月はFreebit mobileのスマホを使ってもらいますよという契約になっています。もし契約して24か月以内に解約を申し出た場合、違約金を支払わないといけません。

 

Freebit mobileの契約期間内の解約違約金は、9800円になります。9,800円だけ支払えば解約できるかというと、決してそうではありません。

 

Freebit mobileの端末を購入した場合、分割払いの形を取ります。月額2,000円と紹介しましたが内訳があって、1000円が利用料金、もう1000円が端末の分割料金となります。もし24か月未満で解約をすると、残りの端末料金を一括で支払わないといけなくなります。

 

つまり早めに解約をすればするほど、解約時に負担する費用が大きくなるわけです。24か月を超えて解約した場合、一切料金はかかりません。そこでFreebit mobileに加入申し込みをする際には、少なくても24か月は使い続けると決めておいた方が良いでしょう。

 

自動更新がないFreebit mobile

 

大手の携帯キャリアを見てみると、2年間の契約期間となっているところが多いです。しかもこの2年間が満期になるとこちらが何もしなければ、さらに2年間契約が自動的に更新されるシステムをとっています。

 

このため、2年間使用しても新しい契約に縛られるため、解約するときに解約金がかかってしまうことが多いです。解約金を一切取られることなく解約手続きをするためには、契約期間が24か月を過ぎて25か月後までのわずか1か月の間に手続きをしないといけません。

 

このシステム、実はかなりの問題になっています。総務省が2015年に開催したICTサービス安心・安全研究会の中で、更新月を逃して高額の解約金を支払うように求められ、クレームのつくケースが目立つと指摘されました。2013年度の国民生活センターに寄せられた携帯電話に関する10,133件の相談の中で、解約関連は3割近い3,226件に上ったとされます。

 

なぜ携帯キャリアが2年契約としていて、それ以前に解約すると違約金が発生するかですが、2年間継続して使うことを前提に料金を割引しているからです。そのような事情があるものの、まだこのシステムに関して一般に広く認知されていないことが、解約時のトラブルにつながっているのでしょう。

 

Freebit mobileの特徴として、この自動更新のシステムをなくしているところに注目です。つまり24ヵ月間使用すれば、その後いつ解約をしたとしても無料で解約が可能です。契約期間後1か月の縛りがないです。これなら安心して利用できるはずです。

 

解約方法について

 

Freebit mobileの契約を解約したいのであれば、電話でまずはその旨を伝えます。そして解約申請書に必要事項を記入して、郵送でFreebit mobileに送り、手続きののち解約となります。

 

ちなみにFreebit mobileで使用していたSIMカードですが、解約時に使えなくなります。またSIMカードはFreebit mobileに返却する必要があります。

 

解約手続きが完了すると、返却キットが自宅に送付されます。端末からSIMカードを取り出して、キットの中に入れて返却をします。解約手続き完了後、翌々月の25日までに返却しないといけません。

 

もしこの期間内に返却をし忘れると、SIMカードの費用として、3,000円が請求されます。余計な金額を取られないためにも、速やかに返却しましょう。

 

まとめ

 

Freebit mobileは24か月以前に解約をすると、9,800円の違約金が取られてしまいます。

 

これは大手キャリアの違約金の9,500円よりも、やや高めの金額設定になっています。ですから、よほどの事情がない限り、2年間は使用し続けるように心がけましょう。