ケータイからスマホ変更の障壁を取っ払う戦略

格安スマホとして、従来のキャリアのスマホ料金よりも圧倒的に安いサービスがいろいろと登場しています。Freebit mobileもその中の一つです。

 

Freebit mobileはトーンモバイルという会社が運営しているサービスであり、2013年から運用を開始しています。

 

Freebit mobileの特徴はほかの格安スマホ同様、値段の安さです。通信費と端末代を合わせて月額2,000円で、スマホを持てます。またこの手の格安スマホはサービスが必要最小限に抑えられることが多いですが、Freebit mobileではサポート体制も充実しています。

 

 

初めて格安スマホを購入する人でも、敷居は低いと言って良いでしょう。Freebit mobileの今後の戦略として、半分以上を占めているケータイユーザーを以下に引っ張ってくるかが重視されています。

 

ケータイからスマホに変更するときには、いくつか懸念や心配があるものです。しかしケータイからスマホに変更するにあたっての障壁を、Freebit mobileは合理的理由で取り除くことに成功しているといいます。
その理由を見れば、Freebit mobileの特徴もわかるでしょう。

 

≪Freebit mobile(TONEモバイル)の詳細≫
※フリービットモバイルはTONEモバイルに社名変更しました。

 

スマホは難しい?

 

ケータイからスマホに移行するときにネックになるのが、操作の難しさです。

 

その他にも料金プランがケータイと比較すると複雑になる傾向があって、結局どのくらいの月額になるのか見えにくいので変更をためらうパターンは多いです。

 

まずFreebit mobileの料金プランですが、通信費と端末の料金はどれも月額1,000円となっています。このプランしかないので、誰でも基本月額2,000円となりわかりやすいです。

 

スマホの操作が難しいという意見をもう少し具体的に見てみると、「アプリが多すぎてどれがどれだかわからない」とか「ボタンが多くてどうやって操作すればいいか分からない」「ちょっと触っただけでも勝手にスマホが作動して戻し方がわからない」といったものが多いです。

 

Freebit mobileでは初心者向けのスマホ端末として、PandAホームを開発しています。その他にもシニア向けのユーザーインタフェースの運用もしていて、まさに老若男女、誰でも簡単操作できる端末の提供を心がけています。

 

スマホの他にもパソコンも広く一般に普及しています。Freebit mobileでは、ONEと呼ばれるPandAとパソコンのデータを共有できるソフトも提供しています。

 

パソコン専用サイトのアクセスとFreebit mobileのID/パスワードがあれば、PandA内にある動画や画像、音楽などのデータをパソコンと同期も可能です。しかもシームレスで同期できるため、パソコン初心者でも比較的簡単に利用できます。

 

充実したサポート体制

 

格安スマホの問題点としてしばしば指摘されるのが、サポート体制の脆弱さです。電話などのサポートデスクのみの対応という所も多く、これだけでは何かトラブルにあった時に心配という人もいます。

 

特にケータイから始めてスマホを購入するときには、躊躇する材料になりえます。Freebit mobileでは、コールセンターによるサポートの他にもいろいろな対策をとっています。たとえば実店舗を展開して対面販売することで、スマホに対する懸念を取り払う対策をとっています。

 

その他にもDVDやセミナーを開催して、Freebit mobileの使い方を広く啓蒙するサービスも実施しています。もしコールセンターに問い合わせても具体的なやり方のわからない場合には、遠隔操作で問題解決するサービスにも対応しています。

 

これらのサービスは大手のキャリア会社のサービスと比較しても、何らそん色はないでしょう。だからこそ初めてスマホを持つ人でも安心して申し込めるわけです。

 

子供にも安心して持たせられる

 

最近は子供もスマホを普通に持つ時代です。しかし親御さんの間では、スマホを持たせて変なサイトにアクセスしないかと不安に感じる人もいるでしょう。

 

Freebit mobileでは家族向けサービスとして、PandAファミリーというアプリを提供しています。

 

PandAファミリーは親御さんが子供の端末に利用制限のできるアプリです。問題のある・有害なサイトへのアクセスを制限できます。またどこにいるのか、現在地の確認もできるため、子供が外出していても見守りが可能です。

 

また子供が歩きスマホをしていると、通知が届くなど安全面での配慮も行われています。スマホの管理を親御さんがしっかりと行えます。家族単位でFreebit mobileを利用する世帯も多くなるでしょう。

 

安くて速い

 

Freebit mobileは先に紹介したように月額2,000円と従来のスマホよりもかなり安い価格でサービス運用されています。しかし安くても十分なスペックのある所に注目です。

 

通信速度は500〜600kbpsとなっています。しかも高速チケットと言って、1Gバイト当たり300円の価格で約45分間動画を視聴できるサービスもあります。

 

またFreebit mobileではフライトパックと呼ばれるコースがあります。これは従来60分の音声通話と動画約45分分の高速通信を500円で行えるサービスでした。

 

しかしアップデートが行われて、動画視聴約450分と10倍になったにもかかわらず、料金はそのまま据え置きとなりました。サービスはより便利に、料金はそのままといった感じでお客さんのニーズにこたえられるような経営を実施しているのも、Freebit mobileの特色といえます。

 

まとめ

 

スマホユーザーがどんどん増えている現在、各キャリアともスマホの新機種開発に力を入れる傾向が見られます。

 

ケータイの新機種はなかなか登場しにくくなり、選択肢も狭まりつつあります。そんな中「いつかはスマホにしないといけない」と思いながらも踏ん切りがつかずズルズル来ている人もいるでしょう。

 

Freebit mobileは40代以上のユーザーも多いといわれています。機械の苦手な人が多い傾向のある中高年層に支持されているのは、それだけ扱いやすい、優しいことを意味しています。

格安スマホで注目!Freebit mobileの実際の評判はどうなの?

 

スマホは従来の携帯電話と比較すると、料金のかかる所がネックでした。通話なしでも月額で7,000円程度簡単に言ってしまうため、家計を圧迫することにもなりかねません。

 

しかしこれは大手キャリアのサービスを利用しているからです。最近では格安スマホと言って、格安SIMカードを使って運用しているサービスもあります。

 

格安スマホの中に、Freebit mobileがあります。端末代金と通話基本料金がそれぞれ1,000円の月額2,000円で、スマホが持てます。最初に3,000円の手数料がかかるものの、従来の月額料金の1/3になります。

 

かなり魅力的な商品ですが、機能面など実際の評判はどうなのか気になる人もいるでしょう。そこで口コミサイトなどで紹介されていた意見をいくつかピックアップしてみました。

 

月額2,000円に興味を持った人は、まずFreebit mobileの評判をチェックしましょう。

 

通話品質はどうなの?

 

スマホを使って通話を頻繁に行う人は、電波の状態がどうなのかは気になるところでしょう。Freebit mobileはIP電話が通話の基本となります。

 

自分たちのオリジナルのIP電話サービスを使っていること、NTTドコモのFOMAエリアを使っているため、IP電話の中では質は高いと評判です。NTTドコモの無線通信インフラは、電波の状態がどこでも基本安定しています。

 

実際「地方で電話を使ってみたけれども、電波の状態に問題はなかった」という口コミも見られます。イメージとしては050プラスやLINE電話、スマートーク、LaLaCallなどを使っているときと同じだと思ってください。

 

ちなみに通話料金ですが、携帯電話の場合1分21円、一般電話の場合3分13円、PHSの場合1分15円ということで安いとまでは言えないようです。Freebit mobileの端末同士であれば、無料で通話も可能です。

 

インターネットも楽に

 

Freebit mobileでは1,000円の基本料金でデータ通信は無制限で利用できました。

 

しかし問題とされていたのが、250〜300kbpsの通信速度です。ですからメールやインターネットをいろいろアクセスする分には、それほどストレスは感じないでしょう。

 

しかし動画を視聴するとなると、この通信速度ではスムーズな視聴は厳しかったです。しかしサービス運用1周年を記念して、2014年にサービスのアップデートを行いました。その中で通信速度のアップも実施され、現在では500〜600kbpsになっています。

 

クラウド技術を駆使することで、通信最適化が可能になったといいます。ファイルのダウンロードなどには時間がかかるかもしれませんが、基本料金だけでもいろいろなネットのサービスが利用できるようになりました。

 

また月額500円で、Wi-Fi安心オプションをオプションにてつけることも可能です。Wi2やBBモバイルポイント、フレッツ・スポットのWi-Fiスポットにつなげることが可能です。動画などを見ているときに通信速度に問題があれば、Wi-Fiに切り替えれば問題を解決できるといった口コミも見られます。

 

ただしWi-Fiをオンにしていると、電池の消費が早くなるかもしれないといった評判も聞かれますから注意した方が良いでしょう。ただしこれは口コミサイトでも正反対の意見も出ていて「持ちが逆によくなった」といった書き込みも見られます。

 

外出先でWi-Fiを使ったネットサーフィンをするのであれば、充電のチェックは念のためしておいた方が良いでしょう。またインターネットを利用するとき、ブラウザでChromeを使っている人はいませんか?Chromeブラウザを普段利用しているのであれば、アップデートしない方が良いという意見もしばしば見られます。

 

アップデートしてしまうとChromeブラウザの場合、スクロールするときに揺れる感じになって見にくくなるそうです。通常ブラウザであればアップデートしても特に問題ないようなので、別にどのブラウザでも構わないというのなら、通常ブラウザを使いましょう。

 

扱いづらいかも?

 

外出先に携帯するときには、少し扱いづらいと感じるかもしれません。サイズが750×150×5oで重さも180gあります。これは現在のスマホの端末と比較すると、なかなかの大きさで重さもあります。

 

通話をする時には長電話をする時などは、端末を持ち続けるのは特に女性の方であれば厳しいかもしれません。しかしネット専用で利用するのであれば、むしろ画面が大きい分見やすくなるといえます。

 

まとめ

 

Freebit mobileはスマホを初めて持つ人など、初心者向けの端末と言えるかもしれません。ですから上級者にとっては、少し扱いにくい端末と言えるでしょう。

 

たとえば、複数のアプリを同時並行で使用できなかったなどの口コミも見られます。ヘビーユーザー以外の人なら、使い勝手は値段の割にはいい格安スマホといえます。